東芝情報システム株式会社

脆弱性マネジメントソリューション「BMC BladeLogic Threat Director」 特長

脆弱性の影響度を可視化して、セキュリティパッチの適用作業を自動化!

BMC BladeLogic Threat Director (ビーエムシー・ブレードロジック・スレット・ダイレクター)」は、確実なセキュリティパッチの適用を強力にサポートします。

「BMC BladeLogic Threat Director」は、組織が保有するサーバーの脆弱性を可視化します。 同時に、可視化されたサーバーの脆弱性に対して、自動的にセキュリティパッチを適用することができます。 これにより、組織全体の迅速なセキュリティ対策に貢献します。

目次

「BMC BladeLogic Threat Director」 3つの特長

  • 脆弱性影響度可視化

    「BMC BladeLogic Threat Director」は、外部の「脆弱性診断ツール」と連携します。 「脆弱性診断ツール」からインポートした脆弱性診断結果の情報をもとに、サーバー環境に影響する脆弱性を評価するのに役立つ情報をセキュリティダッシュボードに可視化します。 組織内の脆弱性を認識し、リスクを分析することができます。

    ポイント:

    • 適切なセキュリティ適用の計画立案に貢献

  • セキュリティパッチ配布・適用支援

    「BMC BladeLogic Threat Director」のダッシュボードに可視化した脆弱性情報をもとに、セキュリティパッチ適用作業の実行計画を立案できます。 立案した実行計画をもとに、「BMC BladeLogic Threat Director」が「BMC BladeLogic Server Automation」に指示をして、セキュリティパッチを自動的に適用します。

    ポイント:

    • セキュリティパッチ適用のコスト削減

  • 脆弱性への対応状況可視化

    「BMC BladeLogic Threat Director」は、外部の「脆弱性診断ツール」と連携します。 「脆弱性診断ツール」からインポートした脆弱性診断結果をもとに、脆弱性対応の運用状況をオペレーターダッシュボードに可視化します。 運用担当者が、注意すべき脆弱性を素早く特定して対策実施の優先度を付けることができます。

    ポイント:

    • セキュリティの適用率を向上

「BMC BladeLogic Threat Director」は脆弱性対策をトータルにマネージメント

「BMC BladeLogic Threat Director」は、脆弱性対策をトータルにマネジメントするソリューションです。 脆弱性対応プロセスの各ステップ「特定」・「修復」・「追跡」をトータルにマネージメントします。

また、 『「BMC BladeLogic Threat Director」 3つの特長』の各特長は、各ステップ「特定」・「修復」・「追跡」に対応しています。

脆弱性マネジメントソリューションの対応プロセス

「BMC BladeLogic Threat Director」の脆弱性対応プロセス

  1. 特定

    外部の「脆弱性診断ツール」による最新の診断結果をもとにして、脆弱性への対応状況と脆弱性対応の運用状況を特定します。

  2. 修復

    特定した脆弱性に対して、セキュリティパッチの配布・適用などの修復作業を立案し、実行します。

  3. 追跡

    セキュリティパッチの配布・適用などの修復作業の実施状況を追跡し、安全性の再確認を行います。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く