東芝情報システム株式会社

IT 環境運用自動化 「BMC BladeLogic Server Automation」 概要

サーバのコンプライアンスを維持し管理業務を高速化!

東芝情報システムは、BMC のシルバーパートナーです

東芝情報システムは、BMC ソフトウェア社のシルバーパートナーです

IT インフラ環境は、急速なビジネス環境の変化やテクノロジーの進化に伴い、大規模化および複雑化が年々進んでいます。 その一方で、管理者は状況に応じた構成変更を頻繁に行うこととなり、IT 環境の運用におけるコストは増大しています。

BMC BladeLogic Server Automation (ビーエムシー・ブレードロジック・サーバー・オートメーション)」 は、サーバのプロビジョニングと構成管理を一元化し、IT 環境の運用自動化を行うソリューションです。 プロビジョニングやパッチ適用のスピード改善やオペミスなどのリスク低減が図られ、運用にかかるコストが削減されます。 サーバの設定を自動化することにより、サーバ運用管理の生産性の向上が可能になりコンプライアンス管理にも有効です。

IT 環境運用自動化「BMC BladeLogic Server Automation」 概要

「BMC BladeLogic Server Automation」導入メリット

  • スピード改善

    サーバ構成やアプリケーション配付の設定をコンポーネント化し、設定を自動化することで作業時間の大幅な短縮が図られます。

    繰返し作業の短縮化により運用にかかる時間が従来の半分に削減可能です。

  • リスク低減

    運用が自動化されることにより、手作業による人為ミスが削減できます。

    パッチ適用のスケジュール化/分析/自動適用機能も提供され、サーバダウンタイムを短縮します。

  • コスト削減

    運用自動化によるスピードの改善・リスクの低減が、トータルでのコスト削減につながります。

脆弱性マネジメントソリューション

東芝情報システムが提供します脆弱性マネジメントソリューションは、「BMC BladeLogic Server Automation」「BMC BladeLogic Threat Director」と連携し、サーバーにおける脆弱性対策を、より確実に、より効率よく実施することができるソリューションです。

脆弱性診断ツールで検出した脆弱性情報から、「BMC BladeLogic Threat Director」で組織が保有するサーバーの脆弱性を可視化し、「BMC BladeLogic Server Automation」で自動的にセキュリティパッチを適用することができます。

これにより、脆弱性対策を自動的かつ迅速に実行することが可能となり、組織全体の迅速なセキュリティ対策に貢献します。

脆弱性マネジメントソリューション

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く