東芝情報システム株式会社

IT 環境運用自動化 「BMC BladeLogic Server Automation」 機能

サーバのコンプライアンスを維持し管理業務を高速化!

目次

サーバ情報の一元管理

  • サーバ情報を一元管理するためのツールが提供されます。

  • 管理ツールでは、各種設定 (コンフィグレーション、サービス、レジストリ、ローカルユーザなど) をコンポーネント化して一元管理でき、コンポーネント内でスナップショットの取得や構成比較が可能です。

  • サーバを過去の状態に戻したり差異を検出して解消することができます。 また、各サーバの状態はダッシュボードで一覧できるようになっています。

  • 複数の異なるプラットフォームのアカウントについても管理が可能です。

  • 対象 OS を問わずパスワード変更などの管理が行えます。

  • パッチについても管理可能です。 パッチ分析機能により各サーバでのパッチ適用状況をリアルタイムで分析したり、パッチの自動適用をスケジュール設定することができます。

  • オフラインモードでは手動で管理サーバにパッチを取り込む必要がありますが、オンラインモードでは OS ベンダから自動ダウンロードして適用を実施します。

ダッシュボード - 「BMC BladeLogic Server Automation」

ダッシュボード

アプリケーション配付

  • アプリケーションの配付に必要な、モジュール/レジストリ/設定ファイルなどをパッケージ化して、対象となるサーバに配付します。

  • 開発サーバや本番サーバなど、環境が異なるサーバ間においても環境差異を吸収して配付します。

  • アプリケーションの構成はスナップショットを取得しておき、問題発生時は以前の状態に戻すことが可能です。

  • 配付するインストーラは Windows の MSI パッケージをはじめ、 Solaris パッチなど多数のソフトウェア形式をサポートしています。

コンプライアンスチェック

  • サーバ OS のプロビジョニングや、アプリケーションの配付時に、ルールにもとづいたコンプライアンスチェックを行います。

  • チェック内容は GUI で作成が可能で、 SOX 法対応のテンプレートなども用意されています。

コンプライアンスチェックのルール作成画面 - 「BMC BladeLogic Server Automation」

コンプライアンスチェックのルール作成画面

ユーザーインタフェース

  • GUI による管理画面、及び NSH と呼ばれるスクリプトが用意されています。

  • サーバ毎にスクリプトを用意する必要がなく、管理サーバ側にて集約した操作での管理が実現できます。

管理画面 - 「BMC BladeLogic Server Automation」

管理画面

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く