東芝情報システム株式会社

運用管理・ITSM

IT環境運用自動化「BMC BladeLogic Server Automation」

IT環境運用自動化「BMC BladeLogic Server Automation」特長

サーバOSのプロビジョニング
サーバOSのインストールを自動化。インストール先は、物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバの環境を問いません。プロビジョニングはパッケージ化され、各サーバに配付される形で自動インストールされます。
構成管理の一元化
インストール先が物理、仮想、クラウドのいずれに関わらず、BladeLogicがインストールされた管理サーバにより一元管理されます。各サーバにおける設定(コンフィグファイルやレジストリなど)は管理サーバ側でコンポーネント化され、サーバ間の構成比較や、差分更新を行う事も可能です。
ライフサイクルマネジメント
OSのインストールから始まり、各種構成管理、各OSベンダーから提供されるパッチの自動適用によりライフサイクルを一元管理することができます。サーバOSだけでなく、ミドルウェアや各種アプリケーションの配付も、パッケージ化された上で提供され、管理サーバから管理されます。
コンプライアンス対応
各サーバに配付されるパッケージやコンポーネントは、ポリシーベースであらかじめ設定されたルールによりコンプライアンスチェックを行います。違反項目の自動修正も可能です。ルールはGUIにより簡単に設定可能で、テンプレートも用意しています。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く