東芝情報システム株式会社

ビジネスアプリケーション・プラットフォーム 「Remedy Action Request System」

「Remedy Action Request System」(以下、AR System) は、企業内の業務システムの構築を強力に支援するビジネスアプリケーション構築プラットフォームです。特に、ヘルプデスクシステム、コールセンターシステムの構築に高い実績を持っております。

コールセンタ

AR Systemの特長

容易なカスタマイズ

AR Systemアプリケーションで不足した機能は容易に追加・変更することができます。 プログラム知識の無い方でも、研修を受講していただくことで、カスタマイズが簡単に行えます。

高い拡張性

他のアプリケーションや外部データベースとのシームレスな連携が可能です。また、小規模部門から複数サイト、数万人の利用者をかかえる企業までご利用いただけます。

高い信頼性

AR Systemは、全世界で12,000サイト(日本国内700サイト)のお客様に使われています。また、東芝情報システムでは、425サイト以上の豊富な導入実績があります。

早期立ち上げのための AR Systemアプリケーション

ITサービスマネジメントツール「 BMC Helix ITSM(オンプレミス版)」は、ベースエンジンとしてAR Systemを採用しています。

AR Systemの開発実績を多数有する東芝情報システムでは、通常はノンカスタムでご利用いただくITサービスマネジメントツールをお客様のご要件に合わせてセミカスタマイズすることで、短期導入・早期立ち上げというパッケージのメリットと、業務へのきめ細かな対応というオーダーメイドのメリットの両方をご提供します。

AR System のメリット
AR Systemのメリット

AR Systemエンジンの主な機能

事例解決策検索機能

AR System は、蓄積された問合せ履歴やナレッジから、容易に該当する情報を検索することができます。このことにより、迅速に回答案などの作成が可能になります。

エスカレーションによるワークフロー機能

インシデントの発生から解決まで、複数の役割の人が携わります。それらの処理の流れを制御する機能を提供します。

トラッキング管理機能

インシデントの発生から解決までの流れを、ステータスと日付データを用い、トラッキング管理いたします。このほか、「イベント通知機能」や「外部データとの連携機能(LDAPなど)」「Eメール対応機能」「グラフの作成」「レポート機能」などを用いることができます。

グループによるパーミッション管理、監査証跡機能

AR Systemは、グループごとにアクセス権を与え、画面の表示項目やデータの登録、更新に対するパーミッションの管理を行うことができます。また、データの登録、変更に関して、監査証跡を記録する機能が追加されました。

Webインタフェース

AR Systemは専用の開発ツールでアプリケーションを開発すると、Webインターフェースが提供されます。
Java や .Net などの知識を必要としませんので、容易にWebサービスを開始することができます。

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く