東芝情報システム株式会社

セキュリティソリューション

情報漏洩防止・監視システム 「4thEye」

情報漏洩防止・監視システム 「4thEye」 概要

内部犯行による情報漏洩を強固に防止するドライバベースの情報漏洩防止・監視システム
4thEye(フォース・アイ)

  • 説明要らず、簡単運用の情報漏洩防止対策ソフト
  • FD/CD-Rドライブを外す必要はありません
  • とにかく簡単に始められる漏洩防止
  • 多種多様な分野での豊富な導入実績(2005年7月末:20万クライアント以上)

4thEye

Powered by Driverware

Driverwareという革新的なソリューションにより、既存の環境へ手を加えずに強固なセキュリティプラットフォームを実現します

  • カーネル層にコアエンジンと 4thEyeプラットフォームを配置
  • 各種デバイスを確実に監視・制御が可能

Powered by Driverware

Driverwareという革新的なソリューションにより、既存の環境へ手を加えずに強固なセキュリティプラットフォームを実現します

主な特徴

表は左右にスクロールできます
SIMPLE ・ファイルシステム、ネットワーク、HIDを監視、制御するだけのシンプルなデザイン
・そのためアプリケーションを選ばず、コンパクト
EASY ・管理者の運用管理が容易、トレーニング不要
・既存のPC環境を変更することなく導入可能
ROBUST ・ドライバベースの高水準な技術で、強力な堅牢性を実現

主な機能

ファイルの持ち出し禁止

媒体、インターフェイスに関わらずファイルの持ち出しを禁止します。

ファイルの持ち出し許可申請

業務の都合上、必要なファイルを許可申請することにより持ち出すことができます。

持ち出しファイルの暗号化

持ち出しファイルに対してマネージャが、平文、暗号文、自己復号暗号文などセキュリティレベルに応じ指定ができます。

PCロック

ユーザが繰り返し持ち出し禁止ファイルの持ち出しを行うとすると強制的にシステムをロックできます。

印刷時間の制限

ポリシーによって規定されている時間外の印刷を禁止できます。

共有フォルダの参照禁止

持ち込みコンピュータによる4thEyeクライアントグループの共有フォルダの参照を禁止できます。

ファイルアクセスログ

ユーザのファイルへのアクセスログを、「いつ」、「どのPC」の「誰」が「何のファイル」を「どう扱った」などアクセスログを取得できます。

印刷ログ

印刷状況を監視、どんなドキュメントを印刷したかログを取得できます。

機能比較表

表は左右にスクロールできます
機能比較表
EnterpriseProfessional++ProfessionalStandard
リムーバブルディスクへのファイル持ち出しの禁止
ファイルの持ち出し許可申請 ○※ ○※
持ち出しファイルの暗号化
PCロック
印刷時間の制限
共有フォルダの参照禁止
ファイルアクセスログ取得
印刷ログ取得
システム構成 クライアント /
サーバー
クライアント /
サーバー
スタンドアロン スタンドアロン

※USB キーによるファイルの持ち出し許可。業務形態に併せて3種類の中から選択可能です。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く