東芝情報システム株式会社

RPAテクノロジーズ株式会社と RPAツール「Blue Prism」の販売代理店契約を締結 ― 企業ユースのRPA活用に向け、いち早く取り組みを開始 ―

2018年03月26日

東芝情報システム株式会社

グローバルシェア No.1 RPA ツール「Blue Prism」

  • 高いコンプライアンスが求められる金融機関や企業への導入実績が豊富

  • RPA ロボットのバージョン管理、ユーザー権限など管理機能が充実

  • ドラッグ&ドロップによるグラフィカルで直感的な操作で RPA ロボットを作成

RPA の導入・活用をオリジナルサービスでサポート

  • 多くの経験と知見を活かして導入・活用をサポート

東芝情報システム株式会社(本社: 川崎市川崎区、取締役社長: 伊藤壮介、以下 東芝情報システム)は、 RPA ( アールピーエー ) テクノロジーズ株式会社(本社: 東京都港区赤坂、取締役社長: 大角暢之)と販売代理店契約を締結し、RPA( Robotic ( ロボティック ) Process ( プロセス ) Automation ( オートメーション ) )ツールのグローバルシェア No.1※1 である「 Blue ( ブルー ) Prism ( プリズム ) 」の国内販売を2018年3月より開始します。

国内企業では、人材不足が深刻な経営課題になっています。政府も、経済産業省や中小企業庁が人手不足対応に関するガイドラインを示すなど、労働力確保に向けた本格的な動きを進めています。※2

企業各社は、人材不足対策として「IT 活用」や「ロボット活用」を推進しています。その取り組みのひとつが「RPA を活用した定型業務の自動化」です。国内では多くの RPA ツールが販売され、企業各社における導入も進んでいますが、導入に伴い RPA ツールによる事故も発生しています。 RPA ツールによる事故は、「野良ロボ」 (社員個人が無許可導入、企業として管理不能となった RPA ロボット) の増加や、RPA ロボットの想定外の動作により発生する不正アクセス・誤処理など、さまざまな要因で発生しますが、その多くは RPA ツールの管理機能が低いことに起因します。

これを背景に、東芝情報システムは 早い段階で RPA テクノロジーズ社と RPA ツール「Blue Prism」の販売代理店契約を締結し、国内販売を開始します。「Blue Prism」は、高度な管理機能を提供するグローバルシェア No.1 の RPA ツールです。

東芝情報システムは、RPA ツール「Blue Prism」販売と同時に、長年にわたり会計・販売管理などの基幹システム導入・運用で培った経験を活かした、RPA 導入・運用をサポートするサービスの提供も開始します。

「Blue Prism」の特長:

  • 高度な管理機能:
    保険会社や通信キャリアなどの高いコンプライアンスが要求される企業でも利用される、バージョン管理、スケジュール管理、ユーザー権限などの高度な管理機能の提供。

  • 分析機能:
    ロボットの証跡記録、稼働レポート、分析機能を提供。

  • 高いスケーラビリティ:
    幅広い業務をサポートする高いスケーラビリティ。

  • グラフィカルで直観的な操作性:
    ドラッグ&ドロップのグラフィカルで直観的な操作性。

  • 優れた汎用性:
    さまざまなインターフェースに対応する優れた汎用性。

東芝情報システムは、システム開発の導入・運用で長年培った経験を元に、安心・安全な社会の実現を目指し、 RPA 全般にわたるサービス、ソリューションを提供します。

以上


※1 RPA BANK 記事より引用

【決定版】RPAツールの比較(価格・機能)と選定基準

https://rpa-bank.com/report/7415/#chapter06

RPA BANK とは: RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)・エンタープライズ AI を検討する企業を対象に、グローバルの最先端情報と実践に直結するコンテンツ提供を目的としたプラットフォーム

※2 国内人材不足の状況

中小企業・小規模事業者人手不足対応ガイドライン

出典: 中小企業庁「中小企業・小規模事業者人手不足対応ガイドライン」を元に東芝情報システム株式会社作成

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/2017/170703hitodebusokuGLgaiyou.pdf

中小企業・小規模事業者人手不足対応ガイドライン

出典: 経済産業省「製造業を巡る現状と政策課題」

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/seizou/pdf/005_01_00.pdf
  • 本サービス以外にRPAで基幹システムの業務を自動化するメニューも用意しています。
    別途、お問い合わせください。

  • 本サービスの仕様・内容は、発表日現在のものであり、予告なしに変更する場合があります。

  • 本文中の会社名、および、商品名は各社が商標、または、登録商標として使用している場合があります。

東芝情報システムについて

東芝、東芝デジタルソリューショングループの一員として、システムインテグレーション分野、ヘルスケア分野、組み込みシステム分野、LSI 分野で、お客様のニーズに最適なソリューションを提供しています。詳細については次のサイトをご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 営業統括部

マーケティング担当:
太細、志村
電話番号:
044-200-5376
E-mail:
infoweb@tjsys.co.jp

お客様からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 SI ソリューション事業部

営業担当:
公文
電話番号:
044-246-8664
E-mail:
si_sales@tjsys.co.jp

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く