東芝情報システム株式会社

Office 365 環境での情報漏えい対策を強化
先進的な情報漏えい対策ソリューション『Secure Protection』にオプション追加

2017年03月08日

東芝情報システム株式会社

  • 重要・機密ファイルを自動で探して守る、流出した情報も守る (従来製品)

  • Microsoft Office 365 環境で手軽に情報漏えい対策を実現

  • 暗号の仕組みに『Microsoft Azure RMS』を追加サポート

東芝情報システム株式会社 (本社: 川崎市川崎区、取締役社長: 伊藤 壮介、以下 東芝情報システム) は、機密情報の漏えい対策ソリューションとしてご好評を頂いている「Secure Protection」に、Microsoft 社の Office 365 (以下、Office 365) と連携する『Azure RMS サポートオプション』を2017年4月より販売開始します。 今後の情報セキュリティ対策事業において年間10億円の売上を目標に拡販していきます。

セキュリティ事件・事故の8割を占める情報漏えいは、民間企業、公的機関を問わず、あとを絶ちません。 マイナンバーの業務利用が本格化する中、企業や自治体では情報漏えい対策の重要度が一段と高まっていますが、「未然に防ぐ」ことを前提にした従来の対策だけでは防ぎきれないのが現状です。

そうした背景の中、「Secure Protection」は先進的な情報漏えい対策ソリューションとして2016年1月に販売を開始しました。 「Secure Protection」は、パソコン内に保存されている重要・機密情報ファイルを定期的に探索し、発見した重要・機密情報ファイルを自動で暗号化する先進的な情報漏えい対策ソリューションとして、また標的型攻撃や人為的ミスによる情報漏えいに非常に有効なセキュリティソリューションとして、販売開始以来、高い評価を頂いております。

多くの企業で導入が進んでいる Office 365 の環境では、重要・機密情報ファイルの暗号化は操作者が都度、暗号化を意識して操作する必要がありますが、暗号指定の漏れや操作ミスにより、重要・機密情報ファイルが非暗号状態で保持されるリスクが懸念されることから、Office 365 環境を利用している IT 管理者やセキュリティ管理者の皆様から、Office 365 環境においても情報漏えい対策を強化したいとの声を多く頂戴しました。

このようなお客様の声を反映し、この度「Secure Protection」に Office 365 環境で提供される『Azure RMS』を用いて暗号化を行うオプションを追加し、販売を開始します。

  • Azure RMS (Azure Rights Management) のサポート

    Office 365 導入ユーザーは、新たに暗号化環境を用意することなく、「Secure Protection」による情報漏えい対策を導入することが可能になります。 Secure Protection で探索した電子ファイルは Microsoft Azure RMS で暗号化※1され、Secure Protection の「自動で探す」「自動で守る」「管理して追跡する」「あとから消す」の機能により、Office 365 環境においても情報漏えい対策の強化がはかれます。

この度、販売する Azure RMS サポートオプションは、スタンダードエディション※2 (パソコン1台あたり年間6,500円※3) に年間1,200円※4 (パソコン1台あたり) の追加で利用可能になります。

東芝情報システムでは、情報漏えいを含むセキュリティ事件・事故が起こらない安全な社会の実現を目指し、長年培ったシステム開発経験、導入・運用経験をベースに情報セキュリティ全般、ICT 全般にわたるサービス、ソリューションを今後も提供していきます。

以上


※1 Microsoft Azure RMS の利用イメージ

icrosoft Azure RMS の利用イメージ

※2 Secure Protection の提供形態

Secure Protection の提供形態

※3 100台同時導入の場合の価格になります。 その他はお問い合わせください。

※4 本オプションには Azure RMS の利用料金は含まれておりません。

  • 本文中の会社名、および商品名は各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

  • Microsoft、Office 365、Azure、Intune、Active Directory、Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です

東芝情報システムについて

東芝、東芝ソリューショングループの一員として、システムインテグレーション分野、ヘルスケア分野、組込みシステム分野、 LSI 分野で、お客様のニーズに最適なソリューションを提供しております。 詳細については次のサイトをご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 営業統括部

マーケティング担当:
志村、柴小屋
電話番号:
044-200-5376
E-mail:
infoweb@tjsys.co.jp

お客様からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 SI ソリューション事業部

営業担当:
溝口、二宮、中村
電話番号:
044-200-5660
E-mail:
si_sales@tjsys.co.jp

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く