東芝情報システム株式会社

リアルタイムな暗号化で漏えいリスクを極小化
先進的な情報漏えい対策ソリューション『Secure Protection』

2016年11月29日

東芝情報システム株式会社

  • 重要・機密ファイルを自動で探して守る、流出した情報も守る (従来製品)

  • リアルタイム暗号機能の追加で平文 (非暗号) 状態の時間を極小化

  • 価格据え置きで機能強化

東芝情報システム株式会社 (本社: 川崎市川崎区、取締役社長: 伊藤 壮介、以下 東芝情報システム) は、マイナンバー管理、個人情報保護をはじめとした機密情報の漏えい対策ソリューションとしてご好評を頂いている「Secure Protection」に、セキュリティ対策の強化を行いました。 今後の情報セキュリティ対策事業において年間10億円の売上を目標に拡販していきます。

セキュリティ事件・事故の8割を占める※1情報漏えいは、民間企業、公的機関を問わず、あとを絶ちません。 マイナンバーの業務利用が本格化する中、企業や自治体では情報漏えい対策の重要度が一段と高まっていますが、「未然に防ぐ」ことを前提にした従来の対策だけでは防ぎきれないのが現状です。

そうした背景の中、「Secure Protection」は先進的な情報漏えい対策ソリューションとして2016年1月に販売を開始しました。 「Secure Protection」の最大の特長は、パソコン内に保存されている重要・機密情報ファイルの定期的な探索、発見した重要・機密情報ファイルの自動暗号化です。 万が一、ファイル流出が発生した場合でも、情報自体が漏えいすることはなく、販売開始以来、標的型攻撃や人為的ミスによる情報漏えいに非常に有効なセキュリティソリューションとして高い評価を頂いてまいりました。 高度化する外部攻撃の増加や一向に減らない情報漏えい事件の発生に脅威を感じている IT 管理者やセキュリティ管理者の方の声を多く頂戴しました。 このようなお客様の声を反映し、この度、「Secure Protection」にセキュリティ対策の強化をはかる機能の追加を行いました。

  • リアルタイムな暗号化の実現

    「共有フォルダー自動暗号機能※2」を追加しました。 この機能により、リアルタイムな暗号化の監視対象となるフォルダーにファイルが作られた場合にはリアルタイムで暗号化処理が行われます。 平文 (非暗号) 状態の時間を極小化することが可能になり、セキュリティ対策の強化が期待できます。

  • 都度暗号機能の提供

    「右クリック即時暗号機能※2」を追加しました。 パソコン利用者がマウス右クリックすることで表示される「即時暗号メニュー」の追加により、パソコン操作者が指定したタイミングで暗号化処理が行われます。 ファイル作成途中での一時保存等、平文 (非暗号) 状態の時間を極小化することが可能になり、セキュリティ対策の強化が期待できます。

「Secure Protection」には、重要・機密情報ファイルの定期的な探索と暗号化を提供する「スタンダード」および、暗号化後の追跡とあとから消す仕組みまでを提供する「アドバンス」の2つのエディションをご用意しています※3。 「スタンダード」エディションはパソコン1台あたり年間6,500円※4というご利用頂きやすい価格でのご提供となります。

東芝情報システムでは、情報漏えいを含むセキュリティ事件・事故が起こらない安全な社会の実現を目指し、長年培ったシステム開発経験、導入・運用経験をベースに情報セキュリティ全般、ICT 全般にわたるサービス、ソリューションを今後も提供していきます。

以上

Secure Protection の利用イメージ

Secure Protection の利用イメージ

※1 出典: 独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) 情報セキュリティ白書 2014

出典:独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) 情報セキュリティ白書 2014

※2 共有フォルダー自動暗号機能・右クリック即時暗号機能

共有フォルダー自動暗号機能・右クリック即時暗号機能

共有フォルダー自動暗号機能・右クリック即時暗号機能の活用

共有フォルダー自動暗号機能・右クリック即時暗号機能の活用

※3 Secure Protection の提供形態

Secure Protection の提供形態

※4 100台同時導入の場合の価格になります。 その他はお問い合わせください。

本文中の会社名、および商品名は各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

東芝情報システムについて

東芝、東芝ソリューショングループの一員として、システムインテグレーション分野、ヘルスケア分野、組込みシステム分野、 LSI 分野で、お客様のニーズに最適なソリューションを提供しております。 詳細については次のサイトをご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 営業統括部

マーケティング担当:
志村、柴小屋
電話番号:
044-200-5376
E-mail:
infoweb@tjsys.co.jp

お客様からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 SI ソリューション事業部

営業担当:
溝口、二宮、中村
電話番号:
044-200-5660
E-mail:
si_sales@tjsys.co.jp

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く