東芝情報システム株式会社

マイナンバー制度にも備える
12の「オフィスセキュリティソリューション」を販売開始

2015年06月24日

東芝情報システム株式会社

マイナンバー制度にも備える
12の「オフィスセキュリティソリューション」を販売開始

  • 企業に迫る三つのリスク「情報流出・紛失」「改ざん・破壊」「侵入・感染」を防止
  • 豊富な導入実績によりお客様に合ったセキュリティソリューションを提供

東芝情報システム株式会社(本社: 川崎市川崎区、取締役社長:栗原高明)は、企業のセキュリティリスクを防止する「オフィスセキュリティソリューション」*1 の販売を開始しました。今後、クラウドサービスを含めたセキュリティ事業で年間10億円の売上を目標に拡販していきます。

ITの普及、活用の促進は、ビジネスの効率化と利便性を向上させる一方で、さまざまなセキュリティリスクを抱えることにも直結しています。弊社は、企業、特に中堅企業の身近に迫るセキュリティリスクの中でも、近年多発する「情報流出・紛失」「改ざん・破壊」「侵入・感染」のリスクに有効な12の対策で構成する「オフィスセキュリティソリューション」をリリースしました。

マイナンバー制度の導入により、情報漏えいなどのセキュリティ事故に対する企業の社会的責任は、ますます増大しています。攻撃の手口も高度化し、複数の手口を組み合わせ長期間にわたり攻撃を続けるなど悪質化も進んでいます。すでにセキュリティ対策を実施していても、高度化・悪質化した攻撃に対応できるとは限りません。

「オフィスセキュリティソリューション」では、重要度を増すセキュリティ対策ニーズに適合したソリューションでありながら、クラウドサービスを数多く取りそろえているため、企業にとって少ない負担で導入でき、迅速なセキュリティ対策を実現します。
また、お客様のセキュリティに関する課題に応じた部分的・段階的な導入も可能、独自のノウハウに基づき、対策の網羅性を見極めながら、セキュリティ対策の導入・運用支援を提供します。

東芝情報システムでは、長年、培ったシステム開発経験、導入・運用経験をベースに、セキュリティはもちろん、ICT全般にわたるサービス、ソリューションを今後も提供していきます。

*1 「オフィスセキュリティソリューション」は、東芝情報機器株式会社との協業により、ご提供するサービスです。

【東芝情報システムについて】
東芝、東芝ソリューショングループの一員として、ヘルスケア分野、組込みシステム分野、LSI分野、システムインテグレーション分野でお客様のニーズに最適なソリューションを提供しております。
詳細については本サイトをご覧ください:
https://www.tjsys.co.jp(日本語)
オフィスセキュリティソリューション:
https://www.tjsys.co.jp/system/office-security/index_j.htm

【エンドースメント】
デジタルアーツ株式会社 代表取締役社長 道具 登志夫

デジタルアーツ株式会社は、電子ファイルによる情報漏えいを防止するソリューションとして、ファイル暗号とアクセス制御、利用履歴の記録、そして万が一、ファイルが流出した場合にはリモートで一括消去できる「FinalCode」を東芝情報システム社に提供しております。
東芝情報システム社の12の「オフィスセキュリティソリューション」は、マイナンバー制度への対応をはじめとした企業におけるセキュリティリスクに有効な対策になると考えます。今後も、東芝情報システム社と共に、企業におけるセキュリティリスクの削減に向けたサービスや導入支援を提供してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ先>

報道関係からのお問い合せ先

東芝情報システム株式会社 営業統括部
マーケティング担当:志村、竹井
電話番号:044-200-5376
E-mail: infoweb@tjsys.co.jp

お客様からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 SIソリューション事業部
営業担当:溝口、二宮
電話番号:044-200-5660
E-mail: si_sales@tjsys.co.jp

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く