東芝情報システム株式会社

マイナンバー制度に対応する企業向けトータル・ソリューションの販売開始

2015年07月27日

東芝情報システム株式会社

マイナンバー制度に対応する
企業向けトータル・ソリューションの販売開始

  • 「物理的安全管理措置」「技術的安全管理措置」に対応
  • 企業のセキュリティ対策状況に応じたソリューションを柔軟に提供

東芝情報システム株式会社(本社: 川崎市川崎区、取締役社長:栗原高明)は、社会保障・税番号制度(以下、マイナンバー制度*1)に対応する「マイナンバー対応トータル・ソリューション」の販売を開始しました*2
今後、クラウドサービスを含めたセキュリティ事業で年間10億円の売上を目標に拡販していきます。

2016年1月から本格的に業務利用が開始されるマイナンバー制度により、すべての企業においては、従業員の給与や健康保険、厚生年金などの手続きを目的に、従業員本人や家族のマイナンバーを収集して管理する必要があります。企業でマイナンバーを取り扱うためには、特定個人情報保護委員会より定められた「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に準じ、ルールや運用体制の整備、情報の漏えいや不正使用防止措置といった4つの「安全管理措置」が義務付けられます。

東芝情報システムでは、企業におけるマイナンバー情報の漏えいリスクを軽減することを目的に、4つの「安全管理措置」のうち、「物理的安全管理措置」「技術的安全管理措置」に対応する「マイナンバー対応トータル・ソリューション」の販売を開始しました。
「マイナンバー対応トータル・ソリューション」は、16のソリューションで構成され、企業のセキュリティ対策状況や課題に応じて、部分的・段階的な導入も可能。クラウドサービスも多く取り揃え、少ない費用負担で迅速なセキュリティ対策を支援します。
また、構成するソリューションは順次拡大を予定、マイナンバー制度に対応するセミナーも順次開催していきます。

物理的安全管理措置に対応

表は左右にスクロールできます
安全管理措置対応項目対応ソリューション
内部監視 監視カメラ ネットワークカメラモニタリングサービス
dynaCloud Eye
入退室管理 小型・軽量出入管理ソリューション
id・Techno eS
操作ログ管理 資産管理・ネットワーク検疫ソリューション
MCore
ユーザー操作の記録・検索ソリューション
ObserveIT

技術的安全管理措置に対応

表は左右にスクロールできます
安全管理措置対応項目対応ソリューション
ID・パスワード管理 ID・パスワード管理 特権ID/アクセス管理ソリューション
CA Privileged Identity Manager
アクセス制御・権限管理
アクセス監査
電子データ暗号 DRM暗号アクセス追跡
漏えい時に後から消す
電子ファイル暗号・追跡サービス
dynaCloud FileSecurity
電子データ漏えい対策 機密情報管理
集める・移す・守る
ファイル管理・漏えい対策ソリューション
QGG
パソコン・サーバー・モバイル管理 IT資産管理 IT統合資産管理ソリューション
MCore
統合資産管理サービス
dynaCloud iSM
自動セキュリティ診断 自動セキュリティ診断サービス
dynaCloud iSM
脆弱性診断・対策 脆弱性管理ソリューション
Tripwire IP360
ウィルス対策 ウィルス・マルウェア対策サービス
dynaCloud Security
パッチ対策 情報漏えい防止・監視アプライアンス
Dell KACE K1000
改ざん対策 改ざん検知ソリューション
Tripwire Enterprise
改ざん検知・変更管理サービス
dynaCloud 改ざん検知 plus
情報保護 データバックアップ バックアップソリューション
Dell Software NetVault
災害・障害対策 DB災害対策ソリューション
Standby Express
災害対策サイトソリューション
Vmware vSphere ESXi

東芝情報システムは、長年、培ったシステム開発経験、導入・運用経験をベースに、マイナンバー制度への対応セキュリティだけに限らず、情報セキュリティ全般、ICT全般にわたるサービス、ソリューションを今後も提供していきます。

以 上

*1 マイナンバーは、2013年5月に公布された「行政手続きにおける特定の個人を識別する全ての人」に、重複しない12桁の番号、いわゆる「マイナンバー」が付番され、これまで複数の行政機関で個別に管理されていた個人情報が本番号に紐付けられる制度です。
*2 「マイナンバー対応トータル・ソリューション」は、東芝情報機器株式会社、他各社との協業により、ご提供するサービスです。
*3 本文中の会社名、および商品名は各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

【東芝情報システムについて】
東芝、東芝ソリューショングループの一員として、ヘルスケア分野、組込みシステム分野、LSI分野、システムインテグレーション分野でお客様のニーズに最適なソリューションを提供しております。
詳細については本サイトをご覧ください:
https://www.tjsys.co.jp(日本語)
マイナンバー対応トータル・ソリューション:
https://www.tjsys.co.jp/system/mynumber/index_j.htm

【エンドースメント】(※会社名は50音順です)
クオリティソフト株式会社 代表取締役社長 久保統義
クオリティソフトでは、マインナンバー制度で求められる特定個人情報の漏えい防止策として、サーバーへ情報を集約/暗号化保存し、利用時には印刷、コピー、メール添付など漏えいにつながる操作を制限することで漏えい事故を防止する「QGG」、サーバーレスでマイナンバー取扱者の操作ログ取得が可能な「dynaCloud iSM」のエンジンを東芝情報システムに提供しております。今回のソリューションはマイナンバー制度への対応を行う上で企業の既存のセキュリティ対策を強化、追加する上で、非常に有効な選択肢を提供していると存じております。今後も東芝情報システムと協力し、企業のセキュリティリスクの軽減につながる製品開発やサービス提供を行ってまいります。

CA Technologies 代表取締役社長 ポール・フォルケンシュタイン
CA Technologiesは、重要データへのアクセス制御と履歴管理、特権IDの貸出と監査で情報漏えいを防止するソリューションとして「CA Privileged Identity Manager」を東芝情報システムに提供しております。特権ID管理分野でリーダー評価を獲得している*4「CA Privileged Identity Manager」が東芝情報システムの「マイナンバー対応トータル・ソリューション」においてもセキュリティリスクの削減に貢献することを確信しております。CA Technologiesは今後も東芝情報システムとの連携を推進してまいります。
*4 The Forrester Wave™: Privileged Identity Management, Q1 2014

住友電工システムソリューション株式会社 代表取締役社長 鷲見 公一
住友電工システムソリューション株式会社は、ネットワーク検疫や操作ログ管理により機密情報の漏えいを防止するソリューション「MCore」を東芝情報システムに提供しております。
東芝情報システムの「マイナンバー対応トータル・ソリューション」は、マイナンバー制度への対応をはじめとして企業におけるセキュリティリスクに有効な対策になると考えております。今後も、東芝情報システムと共に、企業におけるセキュリティリスクの削減に向けたサービスや導入支援を提供してまいります。

デジタルアーツ株式会社 代表取締役社長 道具 登志夫
デジタルアーツ株式会社は、東芝情報システムが「マイナンバー対応トータル・ソリューション」を提供されますことを歓迎いたします。弊社はこの10月より施行されるマイナンバー制度における従業員の個人情報管理に対応したファイルセキュリティとして、管理ファイルの暗号とアクセス制御、利用履歴の記録、そして万が一、ファイルが流出した場合にはリモートで一括消去できる「FinalCode」を提供しております。東芝情報システムの「マイナンバー対応トータル・ソリューション」と「FinalCode」を組み合わせることにより、マイナンバー制度の対策として求められる「物理的安全管理措置」「技術的安全管理措置」に寄与できるものと期待しております。

デル・ソフトウェア株式会社 代表取締役社長 中村 共喜
デル・ソフトウェア株式会社は、この度の「マイナンバー対応トータル・ソリューション」の発表を心より歓迎いたします。本ソリューションは、マイナンバー制度への対応をはじめとして企業におけるセキュリティリスクに有効な対策になると考えています。「マイナンバー対応トータル・ソリューション」には、当社の、様々なソフトウェアのパッチ管理によりセキュリティ強化を実現する「Dell KACE K1000」、エンタープライズ環境でマルチプラットフォームに対応し、重要データを確実にバックアップする「NetVault」、をご活用頂いています。今後も、東芝情報システムと共に、企業におけるセキュリティリスクの削減に向けたサービスや導入支援を提供して参ります。

トリップワイヤ・ジャパン株式会社 代表取締役社長代理 デビッド・ディキスン
トリップワイヤ・ジャパン株式会社は、サイトへの改ざんを即座に検知し、不正アクセスを防止するソリューションとして「Tripwire Enterprise」を、脆弱性対策ソリューションとして「Tripwire IP360」を東芝情報システムに提供しております。東芝情報システムの「マイナンバー対応トータル・ソリューション」は、マイナンバー制度への対応をはじめとして企業におけるセキュリティリスクに有効な対策になると考えます。今後も、東芝情報システムと共に、PCI DSSや個人情報保護を含めたコンプライアンス対応をはじめとして、企業におけるセキュリティリスクの削減に向けたサービスを提供してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ先>

報道関係からのお問い合せ先

東芝情報システム株式会社 営業統括部
マーケティング担当:志村、柴小屋
電話番号:044-200-5376
E-mail: infoweb@tjsys.co.jp

お客様からのお問い合わせ先

東芝情報システム株式会社 SIソリューション事業部
営業担当:溝口、二宮
電話番号:044-200-5660
E-mail: si_sales@tjsys.co.jp

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く