東芝情報システム株式会社

電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ」 概要

地域包括ケア見据えたたな電子カルテ
医療・介護・福祉・保健シームレス情報連携支援

電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ」 医療・介護・福祉・保健のシームレスな情報連携を支援

タイトル

電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ (ミライズ・エーズィー)」は、多くの医療機関様に支持されている電子カルテシステム「MI・RA・Is (ミライズ)」シリーズの新製品です。

医療の安全性向上、業務効率向上、患者サービス向上を実現するため、「MI・RA・Is/AZ」では「MI・RA・Is」シリーズのユーザーの声に基づいて機能を拡充しました。 特に操作性を改善することで、より使いやすく、より診療に貢献できるシステムとなっています。

また、「MI・RA・Is/AZ」は、導入病院と「 地域包括ケアシステム」にかかわる、他病院、かかりつけ医などの医療機関、介護・福祉施設、在宅治療を患者とその家族の連携を支援します。

「地域包括ケア」連携支援についてもっと読む

「MI・RA・Is/AZ」シリーズ導入メリット

年2回バージョンアップ

「MI・RA・Is/AZ」シリーズは、年に2回バージョンアップを実施します。

導入医療機関様からのご要望をパッケージ機能として吸収・反映するほか、新規の機能強化を行い、さらに使いやすいシステムを目指しています。

診療データを積極的に公開

MI・RA・Is/AZ は、診療データを積極的に公開できます。

蓄積された診療データを医療機関様の財産と考え、積極的に公開しております。 月報や日報、学会発表資料用のデータなど、集計や分析に必要なデータの抽出が可能です。

  • 別途、秘密保持契約締結の必要があります。

クライアントライセンス無償

「MI・RA・Is/AZ」シリーズは、「サイトライセンス形態」なのでクライアントライセンスが無償です。

「サイトライセンス形態」なので、1つの契約で同一院内で複数台使用可能です。 このため、「クライアントライセンス形態」の煩わしさがありません。 稼働途中からのクライアント端末増設も安価に対応できます。

「クライアントライセンス形態」の煩わしさ:

  • クライアント増設の度に費用が発生

  • 将来的なランニングコストに影響

  • 運用改善や各部署からの要望に対応しにくい

ベスト・チョイス・ソリューション

タイトル

東芝情報システムは、「地域包括ケアシステム」にかかわる病院、診療所、介護施設、自治体に対して、「地域包括ケアシステム」実現に必要とされる最適なソリューションを提供しています。

東芝情報システムには、電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ」含む様々な医療情報システムとの連携実績があります。 この実績に基づき、地域医療連携を強力にサポートします。

医事会計システム

  • HAPPY シリーズ - DPC 対応型医事会計システム

病院経営支援システム

健診システム

  • 健診システム Asociado IV - 健康診断・人間ドック業務を支援 中小規模健診施設向け健診システム

    「健診システム Asociado IV」 は、一般健診・特定健診・人間ドック・その他各種健診に対応した健診システムです。 健康診断・人間ドックの業務をきめ細かくサポートし、課題を解決するトータルソリューションを提供します。 複数施設連携や医事会計システムとの連携、複雑な契約の対応、事業所向け統計、発生源入力などの事務効率・健診業務の効率改善を 図れます。年間受診者数5,000~75,000人の健診施設様向けのシステムです。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く