東芝情報システム株式会社

医療

電子カルテシステム TJ-MI・RA・Is/PX

電子カルテシステム TJ-MI・RA・Is/PX 地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」

地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」 - 電子カルテシステム TJ-MI・RA・Is/PX

地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」 (アイディーリンク) は、病病連携、病診連携を支援する地域医療連携システムです。 複数施設のオーダー情報などをカレンダー形式で表示し、共有することができます。

「ID-Link」は、複数病院を受診している一人の患者の情報について、以下のような操作が可能です。

  1. 名寄せ:

    複数病院の患者 ID を紐付け (名寄せ) をする。

  2. 一覧表示:

    複数の病院の処方や注射・画像情報を一覧表示する。

  3. アクセス権設定:

    アクセス権を設定し、各詳細情報へセキュリティを保ちアクセスできるようにする。

情報操作は Web ブラウザから簡単な操作でアクセスできるので、情報提供施設、情報閲覧施設、患者様の間の情報共有に活用頂けます。

導入メリット

情報提供施設へのメリット

地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」を導入することで、情報提供施設には、以下のようなメリットや効果が発生します。

  • 詳細な情報を提供:

    診療情報提供書だけでは、検査や処方データ、医用画像データなどを十分に伝えきることができません。

    「ID-Link」により、伝えきれない詳細な情報を提供することができます。

  • 現場に負担をかけない情報公開:

    「ID-Link」は、オーダーリングや電子カルテシステムと連携することができます。

    この連携により、現場に負担をかけない情報公開を実現することができます。

  • 紹介・逆紹介率の向上を支援:

    「ID-Link」を利用することで、医療施設間のコミュニケーションを活性化することができます。

    これにより、患者様の積極的な紹介や逆紹介などが生まれるため、紹介・逆紹介率の向上につなげることができます。

情報閲覧施設へのメリット

地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」を導入することで、情報閲覧施設には、以下のようなメリットや効果が発生します。

  • 紹介患者の詳細な診療情報を把握:

    「ID-Link」を利用することで、紹介患者の詳細な診療情報を把握するができます。

    これにより、より質の高い診療を支援することができます。

  • コンサル時の情報共有ツール:

    「ID-Link」は、専門医へのコンサルテーションを依頼する際の情報共有ツールとして活用することができます。

  • 診療状況をリアルタイムに把握:

    「ID-Link」を利用することで、急性期病院における診療状況をリアルタイムに把握することができます。

患者様へのメリット

地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」を導入することで、患者様には、以下のようなメリットや効果が発生します。

  • 重複投与・検査の防止:

    「ID-Link」を利用することで、他の医療機関でオーダーされた内容を確認することができます。

    これにより重複した投与・検査が防止できるので、患者様の身体的負担を軽減することができます。

  • 詳細説明をせずに診療開始:

    医師の紹介により、患者様がこれまでとは別の医療機関にて診療を受ける際、患者様より医師に対して、病状やこれまでの診療についての詳細説明が必要となります。 患者様にとっては、この詳細説明は時間もかかりハードルが高いものです。

    「ID-Link」を利用することで、紹介先医療機関で、詳細説明をせずに診療を受けることが可能となります。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く