東芝情報システム株式会社

画像付帯情報 編集ソフトウェア 救済くん 概要

検査画像と受診者情報をマッチング

概要図 - 画像付帯情報 編集ソフトウェア 救済くん

「画像付帯情報 編集ソフトウェア 救済くん®」は、HIS (Hospital Information System, 病院情報システム) で入力した患者予約情報などを画像付帯情報に付加することができます。 ワークリスト未対応の装置でも、DICOM 3.0 に準拠した装置であれば接続が可能です。

「 画像付帯情報 編集ソフトウェア 救済くん」は、撮影済み画像の付帯情報に各種情報を付加し、画像サーバーや外部メディアに画像を保管します。 また、DICOM (Digital Imaging and COmmunication in Medicine) 形式の画像を変換し、PACS (Picture Archiving and Communication Systems, 医療用画像管理システム) に情報を提供いたします。

導入メリット

検査画像のフィルム番号と患者IDをマッチングできます
検診バス内で撮影した画像に半自動で受診者情報を登録することにより職員の入力負荷軽減ができます。
読影区分情報を画像に付加することにより読影医師の診断時間を削減できます。
検像機能が利用できます
検査画像の付帯情報を手修正することができます。
検査単位での結合や分割、シリーズ単位での結合や分割ができます。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く