東芝情報システム株式会社

介護

R4Navi - 「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」 介護老人保健施設向けシステム

R4Navi「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」 介護老人保健施設向けシステム 概要

R4Navi - 「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」 介護老人保健施設向けシステム

「R4Navi®」 (アールフォーナビ) は、公益社団法人全国老人保健施設協会 (全老健) の提唱する「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」に対応した、介護老人保健施設業務支援パッケージです。 「公益社団法人全国老人保健施設協会 認証取得 第一号」として認定されています。

R4Navi 導入事例 介護老人保健施設「能見台パートリア」

モチベーション向上と全体的なスキルの底上げに大きく貢献するR4Navi

高層マンションをはじめとした新興住宅地と緑豊かな自然が共存する、横浜市金沢区にある介護老人保健施設「能見台パートリア」。 同施設は、2011年11月、入所している全利用者を対象として全老健版の「R4 電子化シート」を本格導入した。 導入・運用に伴い「R4 電子化シート」の問題点も明らかになる中、同施設が問題点解決のために採用したのは、施設管理及びケアマネジメントシステム「R4Navi (総合介護支援版: i-MEDIC2)」だった。 ...

「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」は、介護老人保健施設におけるチーム介護を効率よく実践できる、大変優れたアセスメント方式です。 介護を必要とする高齢者の在宅復帰という介護老人保健施設の原点に立ち返り、利用者のアセスメントからケアプラン (Plan)、ケア実績 (Do)、評価 (See) の構築に主眼を置いています。

「R4Navi」は、この「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」に対応し、 ソフトウェア機能をプラスした「進化する R4 システム」を提供しています。

全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」概要「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」概要

R4Navi 概要

4段階アセスメント

4段階アセスメント 1. ニーズ, 2. 適性, 3. 生活機能 (ICF[1]), 4. 専門職 (チーム) により、利用者の状態を的確、かつ、段階的に把握できます。

アセスメント結果を1シートに集約

アセスメント結果を1シートに集約します。アセスメント結果を集約することで、利用者にもわかりやすく、全体像が把握しやすくなります。

各職種の役割を明確化

各職種の役割を明確化します。各職種で発生した情報を一元化し「点 (個人・職種) から線 (チーム)」へのアプローチが可能となります。

手書き・紙ベースの業務効率化

手書き・紙ベースの業務を効率化し改善します。情報共有により「インテーク時からの多職種協働・チームワーク」をアシストします。

様式対応

「全老健版ケアマネジメント方式 R4 システム」全様式に標準対応しています。

アプローチステータス機能

「アプローチステータス機能」を搭載。 各アプローチ R-1. アセスメント, R-2. ケアプラン作成, R-3. ケアプラン実施・確認, R-4. モニタリング の状況が簡単に確認できます。

プロフィール機能

「プロフィール機能」を搭載。介護老人保健施設独自様式に柔軟に対応できます。

電子カンファレンス機能

「電子カンファレンス機能」を搭載。PC 端末、タブレット端末を利用し、多職種同時入力が可能です。

Do チェック機能

「Do チェック機能」を搭載。立案されたケアプランの確実な実施を支援します。

ICF ビュー機能

「ICF ビュー機能」を搭載。利用者の ICF レベルの経過を視覚的パターンでとらえ、在宅復帰に向けて支援パターンの分析検討を支援します。

入力業務省力化機能

「入力業務省力化機能」を搭載。居宅ケアマネージャー、主治医からの文書 (活字資料) をR4システムへ取り込むことができます。

[1] 国際生活機能分類 (International Classification of Functioning, Disability and Health, ICF)

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8639 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く