東芝情報システム株式会社

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー) 活用例

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

オーダー情報・医事会計情報と連携し、業務効率を向上
検診バス内検査装置と患者情報を連携し、患者情報入力ミスを防止

「ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)」の活用例についてご紹介します。

目次

病院様向け オーダー情報連携 + 受付端末
― ワークリスト・サーバーによる大規模構成例

病院様向け オーダー情報連携 + 受付端末 - ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

病院様向け オーダー情報連携 + 受付端末

  1. オーダー情報受信:

    1. オーダー電子カルテシステムは、オーダー情報を発行します。

    2. ワークリスト・サーバーは、オーダー電子カルテシステムからソケット通信を介してオーダー情報を受信し、ワークリスト・サーバー内に保管します。

  2. 受付:

    検査技師は、検査室に設置された受付端末で、受付操作 (オーダ―情報選択) を行います。

  3. MWM 連携:

    1. 検査技師は、モダリティ (各種モダリティ、DICOM-MWM 対応機器) でワークリスト取得操作を行います。

    2. MWM 連携により、ワークリスト・サーバーからモダリティにオーダー情報が送信されます。

    3. 検査技師は、モダリティ側のコンソールにオーダー情報が表示されたことを確認し、検査を開始します。

病院様向け 医事会計システム連携
― ワークリスト・サーバーによる中・小規模構成例

病院様向け 医事会計システム連携 - ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

病院様向け 医事会計システム連携

  1. 新患・更新登録:

    1. 医事会計システムは、新患登録・患者情報更新の際に患者情報を、共有フォルダにファイルとして出力します。

    2. ワークリスト・サーバーは、共有フォルダのファイルを取り込んで、ファイルのデータをワークリスト・サーバー内に保管します。

  2. MWM 連携:

    1. 検査技師は、モダリティ(各種モダリティ、DICOM-MWM 対応機器)で患者 ID を検索キーに指定し、ワークリスト取得操作を行います。

    2. MWM 連携により、ワークリスト・サーバーからモダリティに患者 ID の一致する患者情報が送信されます。

    3. 検査技師は、モダリティのコンソールに表示された患者情報を確認し、検査を開始します。

健診センター様向け 検診バス内モダリティとの患者情報連携

健診センター様向け 検診バス内モダリティとの患者情報連携 - ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

健診センター様向け 検診バス内モダリティとの患者情報連携

  1. QR コード読み取り:

    1. 健診システムは、あらかじめ患者情報を含んだ QR コードを発行し、受診票に印字します。

    2. 受付端末には QR コードリーダーが接続されています。 検査技師は、検査開始前に 受付端末の QR コードリーダーを使って、受診票の QR コードを 受付端末に読み取ります。

    3. 受付端末には、QR コードから読み取った患者情報が表示されます。

  2. MWM 連携:

    1. モダリティ (各種モダリティ、DICOM-MWM 対応機器) 側で、検査技師がワークリスト取得操作を行います。 MWM 連携により、ワークリスト・サーバーからモダリティに患者 ID の一致する患者情報が送信されます。

    2. 検査技師は、モダリティのコンソールに表示された患者情報を確認し、検査を開始します。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く