東芝情報システム株式会社

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー) 概要

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

患者情報の取り違えなどの医療事故防止・医療関係者の業務効率向上を支援

「ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)」は、病院の各種システムと、各種モダリティ (検査装置) の間で必要な情報を円滑に連携・管理するためのソフトウェアです。

各種モダリティで検査を開始する前に、 HIS (病院情報システム) や健診システムから患者情報、オーダー情報などの必要な情報を取得し、モダリティに送信します。

これにより、日常の医療業務において患者情報の入力ミスを無くすことが可能となり、患者情報の取り違えなどの医療事故の防止を支援できます。 また、患者情報手入力の手間を省略することができるため、医療関係者の業務効率の向上を支援します。

「ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)」導入メリット

  • オーダー情報をモダリティに受け渡し

    「ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)」を使用することで、モダリティは HIS や健診システムからオーダー情報を取得することができます。

    モダリティでは取得したオーダー情報をワークリストとして一覧表示し、当日に実施する検査を確認することができます。 これにより、モダリティ検査時のミスの発生を予防すると同時に、検査を効率的に実施することができます。

  • 患者情報の入力ミスを防止

    「ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)」を使用することで、モダリティは HIS や健診システムから患者情報を取得するため、手作業による入力ミスを防止することができます。

    また、 PACS (医療用画像管理システム) で患者情報を修正する必要が無くなるため、作業を軽減することができます。

  • 患者の検査待ち時間を短縮

    「ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー) 」を使用することで、モダリティでの患者情報の入力作業を簡略化し、入力時間を短縮することができます。 この結果、患者の検査待ち時間を短縮できます。

  • 将来のモダリティ追加にも対応

    DICOM-MWM に対応しているモダリティであれば、将来的に追加や更新があった場合にも対応することができます。

用語解説

HIS

Hospital Information Systems. 医療施設内で使用される様々なシステムの総称。 会計システム、受付システム、オーダリングシステム、電子診療録システム、処置実施情報入力システムなどで構成される。

MWM

Modality Worklist Management. 検査を行う前に、モダリティから RIS (放射線科情報システム) に問い合わせを行い、ワークリストを取得する操作を管理する DICOM 仕様のことです。

モダリティ

modality. モダリティは医療機器の「分類」や「様式」を意味しますが、医療現場では主に CT (コンピュータ断層診断装置) や MRI (磁気共鳴画像) などに代表される医用画像を撮影する装置のことを指します。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く