東芝情報システム株式会社

画像・映像

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー) 概要

概要図 - ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

HIS系システムや健診システムからオーダー、患者情報を各種I/Fで受信し、一時的にワークリストサーバ内で保管します。各種モダリティからのMWM要求に対して、オーダー情報/患者情報を応答します。場合により、各モダリティ横に患者/オーダー選択用端末等を置く場合もあります。

概要図 - ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー)

HIS系/健診系システムから出力される検査情報(CSVファイル等)やカードリーダ、二次元バーコード(QRコード)を取り込み、各種モダリティにDICOM-MWMで通知します。主にノートPCで運用します。

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー) の特徴

  • 磁気カードから受診者情報を取得し、MWM (Modality Worklist Management, モダリティワークリスト管理) にて各種装置に通知することが可能です。
  • 予約管理システムやオーダリングシステムの情報から受診者の検査情報を取得し、MWM にて各種装置に通知することが可能です。
  • 医事会計システムや健診システム、RIS (Radiology Information System, 放射線科情報システム) の情報から受診者情報を取得し、MWM にて各種装置に通知することが可能です。
  • オンライン、および、びオフラインにて提供されるファイルの情報から受診者情報を取得し、MWM にて各種装置に通知することが可能です。

ワークリスト・ソフトウェア (MWM サーバー) 導入のメリット

  • 検査装置へのオーダ情報の受け渡しが可能となります。
  • 患者様情報の入力ミスを防止することが可能となります。
  • 入力時間の短縮を図ることが可能となります。
  • 電子カルテシステムと連携することで、受付された患者様の情報連携が可能となります。また、検査情報のマスタを各種装置側と統一することで、患者様の基本情報だけでなく検査情報の連携も可能となります。
  • DICOM 手順での情報連携を行うことで、将来のモダリティ追加にも対応が可能となります (検査装置が、DICOM MWM に対応していることが条件となります)。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く