東芝情報システム株式会社

医療

介護統合型 電子カルテシステム i-MEDIC

介護統合型 電子カルテシステム i-MEDIC DPC コーディングシステム

「DPC コーディングシステム」は、診断群分類包括評価を用いた入院医療費の定額支払い制度を導入にあたって、保険医療機関の病棟における療養又は医療に要する費用の額の算定に際して発生する DPC (Diagnosis Procedure Combination. 診断群分類) コーディング業務を支援し病院の収益改善に貢献するシステムです。

「DPC コーディングシステム」は、病院業務フローに柔軟に対応できるシステムフローの提供します。

DPC 決定にいたるプロセスにおいて、症例毎病態の変化に柔軟に対応できるよう、複数 MDC に対し、それぞれの経過を樹形図視認などにより経過確認を行なえます。 また、在院日数に応じた点数算定機能を備え、確認時の在院日数に応じたリアルタイムな画面表示機能を提供することで、適切な MDC の選択、DPC コードの選択を可能としています。

付随する機能として、診療情報入力票の作成及び様式1形式ファイル作成機能、経過要約にて退院時サマリー機能、症状経過書作成機能を備えます

ICD-10 による傷病名コーディング

病名検索機能 (ICD10):

病名検索は、名称検索及び MDC 分類別選択が可能です。 また、常用病名 (医師別)、DPC 対応病名の自動絞込が可能です。

ICD-9CM、K-コード、J-コードによる手術・処置コーディング

手術検索機能 (ICD9CM):

術式検索は、名称検索及び人体図による部位別検索が可能です。 また、細分類検索も可能です。

DPC コーディング

  • DPC 管理 (コーディング画面) :
    DPC コーディングにあたっては、病名確定、手術処置、副傷病名を選択し診断群分類、診断群分類名称が確定されます。
  • DPC 絞込み画面 :
    病名確定後、病名選択により、該当診断群分類一覧を表示可能です。
  • DPC 手術詳細情報入力画面 :
    手術日、初回・再手術区分・側数・麻酔種別の入力を行います。

診療情報入力票管理

  • 診療情報入力票 (様式1):
    診療情報入力票の入力、出力 (帳票・CSV) が可能です。
  • 診療情報入力票 (統括処理):
    転科の際に作成された複数の診療情報入力票を統括することが可能です。

経過要約管理 (定型文・シェーマ)

経過要約:
退院時のサマリーを経過要約にて作成可能です。

文書管理

診療情報提供書・紹介状・返礼書などの退院時の文書管理が可能です。

症状経過書管理

症状経過書:
出来高診療に関する症状経過書の作成が可能です。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く