東芝情報システム株式会社

介護

ヘルスコア/施設向け見守りシステム

ヘルスコア/施設向け見守りシステム 機能

ヘルスコア/独居高齢者見守り支援システム - 在宅向けシステムはこちら

携帯端末 (スマートフォン) の機能

端末認証:

携帯端末利用時に携帯端末と利用者の認証を行い、不正なアクセスを防止します。
医療機関・介護施設では、患者・入居者や看護師・介護士の持ち込み携帯端末、家族の持ち込み携帯端末が多数あります。
「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」では、セキュリティを確保するためシステムで利用する携帯端末あらかじめ登録しておくことにより、携帯端末の認証を行い、かつ、利用者認証を行うことにより不正なアクセスを防止します。

アラート (警報) 受信制御:

センサーからのアラートを受信して一覧表示します。 グループ作成機能により、所属グループ以外のアラートを受信しなくて済みます。
「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」では、医療機関では患者を科や病棟単位に、介護施設では入居者の介護を行うグループを作成することができます。 このグループ機能により離床センサーのアラートを所属グループ以外からは通知を受信しないようにすることができます。

カメラ映像参照:

アラートの発生した対象者のカメラ映像を表示します。
アラートが発生した通知を受け取るだけでは実際の状況がわかりません。
「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」ではアラートが発生した患者・入居者のカメラ映像を携帯端末に表示させることができます。
プライバシー保護のため、アラートが発生していない患者・入居者のカメラ映像を携帯端末に表示させることはできません。

見守りサーバの機能

ログイン:

ID とパスワードで利用者認証を行い、各種情報へのアクセス制限を行います。
「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」ではシステムの持つ各種情報に不正にアクセスできないよう ID とパスワードで利用者認証を行い、各種情報へのアクセス制限を行っています。

通報表示:

センサーからのアラートをリアルタイムにモニタリングします。
「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」では、離床センサーからのアラートを携帯端末にリアルタイムに通知する以外にも、 PC からサーバにアクセスすることによりアラートをリアルタイムにモニタリングすることがます。

アラート時の映像検索:

映像記録を再生し、アラート発生時の状況を検証することができます。
「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」では、離床センサーからのアラートがあった時のカメラ映像を記録します。
アラート対応後に映像記録を確認することにより、アラート発生時の状況を検証することができます。

主なセンサーとの機能の比較

「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」推奨離床センサーとシステム連携したイメージ図推奨離床センサーとシステム連携したイメージ図

「ヘルスコア/施設向け見守りシステム」が推奨しているセンサーは、ベッドから降りる前に検知して知らせることができることができるものです。

一般的に使われている背中付近に敷く「背中マットセンサー」や、ベッドの下に敷く「足マットセンサー」と比較すると、下の表のようになります。

表は左右にスクロールできます
表1 主なセンサーとの機能の比較
機能検出機能と製品ベッド下の足
マット
ベッド
背中マット
推奨
離床センサー
コメント
離床 ベッドから離れた瞬間を検出します。
離床行動 × × 身体移動から起き上がりを推測します。

足マットセンサーはベッドから降りた際に反応するので「離床行動」は検知できません。 背中マットセンサーは「寝返り」と「離床行動」の区別がつきにくい構造となっています。

既に導入済みのマットセンサーや、センサー付きベッドなどともカスタマイズ対応も可能です。 詳しくは弊社までお問い合わせください。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く