東芝情報システム株式会社

介護

地域包括ケアシステム/利用者管理 - 在宅医療・介護の多職種連携を支援

地域包括ケアシステム/在宅高齢者向け緊急通報システム - もしもの時に安心です!

地域包括ケア/在宅高齢者向け緊急通報システム- 概要

「地域包括ケア/在宅高齢者向け緊急通報システム」は、独り暮らしの方が異変を感じた際にすぐに通知できる仕組みを提供する優れた緊急通報システムです。 「よく転倒してしまう」「持病がある」「体調が不安」といった独り暮らしのご高齢者の不安を解消し、日常生活の安全確保を支援します。

また、利用者と「見守りセンター」とつなぐだけでなく、訪問介護ステーションやご家族へのメール通知機能も提供し、関係各所のスムーズな連携を支援します。

「地域包括ケア/在宅高齢者向け緊急通報システム」導入のメリット

  1. 緊急通報サービスを短期間・低コストで立ち上げることができます
  2. 緊急通報サービスを効率的に運用することができます
  3. 緊急通報サービス利用者に高品質なサービスを提供することができます

「地域包括ケア/在宅高齢者向け緊急通報システム」は、地域包括ケアにヘルスコア/在宅高齢者向け緊急通報システムをサブシステムとして接続するものです。

地域包括ケアとの接続利用は、単独利用に比べると以下のような利点があります。

地域包括ケアとの接続による利点

  1. 利用者情報のクラウドでの共有
    • 地域の複数の施設と共同利用が可能
    • 地域の救急施設でも活用可能 (消防署など)
    • 定期巡回緊急通報施設で活用可能
  2. 駆付け者の現在位置の把握
    • スマートフォン保持の作業者のスケジュールと作業状態の把握
    • 作業場所の地図表示

もっと詳しい「在宅高齢者向け緊急通報システム」の説明

製品紹介「ヘルスコア/在宅高齢者向け緊急通報システム」

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く