東芝情報システム株式会社

健診

健診システム Asociado IV - 健康診断・人間ドック業務を支援 中小規模健診施設向け健診システム

健診システム Asociado IV 概要

健診システム Asociado IV すべては笑顔のために

「健診システム Asociado IV」 (アソシアード・フォー) は、一般健診・特定健診・人間ドック・その他各種健診に対応した健診システムです。 健康診断・人間ドックの業務をきめ細かくサポートし、課題を解決するトータルソリューションを提供します。

AsociadoⅣ 導入事例 社会医療法人 景岳会 「南大阪総合健診センター」

モチベーション向上と全体的なスキルの底上げに大きく貢献するR4Navi

南大阪病院の創始者である内藤 景岳医師が「人間の幸福は健康にあり」という理念の下、院内に健康維持のための健康管理部門を設立、その後1978年に健康管理施設として新たに独立した「南大阪総合健診センター」。
院内における人間ドック施設部門としては先駆け的な存在であり、大阪市南部の地域を中心に多くの受診者が訪れている。
そんな同センターがハードウェアの老朽化によって新たな業務基盤づくりが必要となり、健診システムの刷新を余儀なくされた。 ...

健診機関の業務効率を改善 - 健康診断・人間ドック業務をトータルにサポート

「健診システム Asociado IV」 は、健診機関の健康診断・人間ドック業務をトータルにサポートします。

複数施設連携や医事会計システムとの連携、複雑な契約の対応、事業所向け統計、発生源入力などの事務効率・健診業務の効率改善を図れます。

健康診断・人間ドック受診者サービスを改善 - 健康管理への意識の高まり

また、現在の高齢化社会を背景にした健康寿命延伸・健康管理への意識の高まりに伴い、各種健診の活用について社会的注目が集まってきています。 このため、健診機関にとって、健康診断・人間ドック受診者に対してより良いサービスを提供してゆくことが重要になってきています。

「健診システム Asociado IV」は、健康診断・人間ドック受診者へのサービスを改善する各種ソリューションも提供しています。

年間受診者数: ~5,000人の健診施設様

「健診システム Asociado IV」は、年間受診者数5,000~75,000人の健診施設様向けのシステムです。

年間受診者数5,000人までの健診施設様には、「健診システム Asociado Neo (アソシアード・ネオ)」を提案しています。

健診システム Asociado Neo

  • 様々な健診種類に対応し、低価格で導入可能
  • 最小構成 端末1台から利用可能

製品詳細を読む

健診業務をトータルサポート

「健診システム Asociado IV」 5つのポイント - 健診業務をトータルサポート

1. 健康診断・人間ドック受診者へのサービスを向上

一般健診・特定健診・人間ドック・その他各種健診における、健康診断・人間ドック受診者の検査待ち時間を軽減のための仕組みを提供します。 また、面談時に受診者に視覚的にわかりやすい説明用の画面も用意しています。

検査結果判定は複数の判定基準を持つことができます。 このため、契約に応じた判定で結果を伝えることができます。

2. 健診業務を効率化

健診業務・検査の進捗管理と誘導支援の導入により、健診業務の流れを改善します。

3. 健診業務の負荷を軽減

健診業務にかかわる、すべての方の負荷を軽減する機能を提供します。

また、他システムと連携することが可能で、これにより、紙類の受け渡しを削減することができます。

4. 顧客管理を強化

一般健診・特定健診・人間ドック・その他各種健診における受診者の細かな条件設定により、複雑な契約設定にも対応することができます。

また、健康診断・人間ドック受診者の契約を正しく設定することで、健診予約・請求をスムーズに行うことができます。

5. 健診機関の経営を支援

健診受診データをもとに、複数の抽出条件を設定して統計データを出力することで、経営改善に必要な情報が抽出できます。

事例紹介

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く