東芝情報システム株式会社

画像・映像

ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENIC

ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENIC 特長

ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENIC の特徴

ネットワークによるシンプルで効率的なライブ配信&記録システムを実現

「ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENIC」の導入により、各手術室に設置された術野・術場カメラからの映像から、リアルタイムで手術の様子を共有することができます。

また、収録した映像を管理・視聴するためのアプリケーションは、明快な操作性に配慮されており、ストレスフリーな運用を実現します。

手術映像のライブ配信と記録を同時に

「ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENIC」は、ひとつのネットワークで手術室内のさまざまなカメラと連携した録画制御や、ライブ配信が可能です。 また、データストレージやクラウドサーバーにより、記録した映像の保管も容易に行えます。

マップ - ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENICマップ

HD/SD 対応

記録映像の画質は、学会発表などに適した高精細な HD 画質(1920×1080)と、従来の 4:3 の SD 画質から運用や用途に応じて選択できます。 また、長時間録画に対応できるようビットレート (圧縮率) の変更も可能です。

表は左右にスクロールできます
記録フォーマット
HD
H.264
SD
H.264

HD/SD 対応 - ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENIC
HD/SD 対応

クラウドサービスによる安全・安心なデータ管理

映像データの保存先にインターネット上のクラウドサーバーを使用する「ADMENIC Cloud」を用意しています。 映像データをコンパクトに圧縮し、データ通信時の暗号化により、安全で確実なセキュリティの下での長期保管を実現しました。 また、災害時の物理的破損などからデータの消失を防ぐことができます。

クラウドサービス - ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENICクラウドサービス

メディア不要

大容量ストレージ/クラウドサーバーによる効率的なデータ管理により、記録時のメディア交換や補充、収録後の管理や整理などの煩雑な運用業務の負担を解消します。

メディア不要 - ネットワーク対応 手術映像記録・配信システム ADMENIC
メディア不要

ネットワーク伝送

機器間はネットワークを使用し、デジタルデータで伝送するので、従来のアナログ伝送のような信号劣化を抑え、ハイビジョン本来の高画質を活かすことができます。 また、低コストでのライブ中継が可能です。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5565 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く