東芝情報システム株式会社

セキュリティ

無線LANセキュリティ 「NetNucleus WPA」

無線LANセキュリティ 「NetNucleus WPA」 概要

組込み機器においてもネットワーク化が進み、周辺システムとの連携が広がりつつあります。特にスマートフォンにおきましては無線LAN(Wi-Fi)がほぼ搭載されている事により、今後デジタル家電、車載など無線LANの搭載は広がって行きます。
当社では、無線LANへの取り組みを進めており、これまで無線LAN向けのセキュリティ製品として「NetNucleus WPA」を提供しています。

アクセスポイント(Authenticator)利用例

特長

  • モバイル機器、デジタル家電などの無線LANにWPA/WPA2 (Wi-Fi Protected Access)機能を実装するためのツールキット
  • ステーション向けのSupplicant(サプリカント)及びアクセスポイント向けのAuthenticator(オーセンティケーター)の両方を提供
  • EAP(IEEE802.1X)認証キー管理方式とWPA-PSKによる認証キー管理方式に対応
    EAP認証機能を実装する事により、より安全な無線LAN環境を提供
  • 多くの製品実績があるTCP/IPライブラリ(NetNucleus)及び、Wi-Fi Protected Setup(NetNucleus WPS)も併せてご提供可能
  • シスコシステムズ社のCisco Compatible Extensions(CCX)に対応

機能

機能一覧

表は左右にスクロールできます
表1.NetNucleus WPA Supplicant 対応表
開発言語対応OS暗号方式認証方式
C

μITRON
Linux
WinCE6.0

TKIP
CCMP(AES)

  • EAP-TLS
  • EAP-TTLS
    (EAP-MD5)
    (CHAP)
    (MSCHAP-V2)
    (PAP)
  • PEAP
    (GTC)
    (MSCHAPv2)
  • WPA-PSK
  • WPA2-PSK
表は左右にスクロールできます
表2.NetNucleus WPA Authenticator 対応表
開発言語対応OS暗号方式認証方式
C

μITRON

TKIP
CCMP(AES)

  • WPA-PSK
  • WPA2-PSK

WPA2(IEEE802.11i準拠)対応機能

かぎ交換

  • かぎ交換のフレームフォーマットをIEEE802.11i準拠のフォーマットに対応しました。
    PMKSA cachePMKSAPairwise Master Key Security Association)
  • 接続アクセスポイント毎に、IDアクセスポイントPMKを管理し、ローミング時の再接続時の際、再認証を行わず PTK(GTK)を生成できます。これによりローミングの再接続速度が速くなります。
  • AES Advanced Encryption Standard )(対応済み

機能ブロック

NetNucleus WPA 機能ブロック

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く