東芝情報システム株式会社

SD-Video 概要

SDメモリカードの著作権保護機能を利用してコンテンツ保護を行なう SD-Video のミドルウェアを提供しています。コンテンツはCPRMにより暗号化され安全に取り扱うことが可能です。デジタル家電カーエンターテイメント機器等の組込み機器の間での、ビデオデータ等のコンテンツの受け渡しをSDメモリカードでシンプルに実現できます。

SD-Video利用シーン

※ SD-Video はSD Association、4C Entity規格に準拠した、SDメモリカードの著作権保護規格です。

ラインナップ

SD-Videoミドルウェアは目的のデバイス/メディアに合わせて3つのミドルウェアをご用意しています。扱うコンテンツによって必要なタイプをご選択ください。各々を組み合わせてご採用いただくことも可能です。

製品ラインナップ

SD-Video (ISDB-T Mobile Video Profile)

ISDB-T(ワンセグ)の録画/再生機能
  • 携帯電話やレコーダーに対応したワンセグ録画/再生機能を実現。
  • Movie SD等のセルコンテンツにも対応。

SD-Video (H.264 Mobile Video Profile)

H.264コンテンツの録画/再生機能
  • 高画質コンテンツの録画/再生機能。
  • レコーダーからの高画質持ち出しコンテンツに対応可能。
  • ISDB-Tよりさらに高画質なコンテンツの管理が可能。

特長

  • SDメモリカードの著作権保護機能を利用してコンテンツの暗号化・復号化が可能。

    ※ 実際の暗号・複合処理はドライバで行ないます。

  • CPRM対応機器との互換性を確認済み

    ※ 互換性確認済み機器はお問い合わせください。

  • OS非依存のソースコード提供のためお客様でカスタマイズ可能
  • 下位層のI/F Layerを実装しており、システム相違時の移植が容易。

    ※対応機器の開発期間短縮・コスト削減が実現可能。

SD-Video特長

システム構成例

当社製 SD-Video ミドルウェアにより、File System、SD Driverを通して暗号化コンテンツの読み出しを行ないます。SDホストコントローラとしてC2暗号/復号を搭載したものを想定しております。(別途ソフトウエアでC2暗号/復号を対応することも可能です。)
システム構成/採用コントローラ等についてもご相談ください。

SD-Videoシステム構成例

関連製品

関連製品として、ファイルシステム も提供しております。

File System (FilDos32)

ライセンス契約

弊社製品の契約の他に、以下の契約が必要となる場合があります。お客様にてご対応をお願いします。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く