東芝情報システム株式会社

ネットワーク

高品質AVデータ伝送技術 「NetNucleus AVB」

高品質AVデータ伝送技術 「NetNucleus AVB」 概要

NetNucleus AVB は、高品質な音声や映像データ (AVデータ)をEthernet上で転送するための規格 Ethernet AVB を実装するSDKです。
NetNucleus AVB を使用することにより、安定したAVデータ転送を容易に実現することが可能となります。

NetNucleus AVB の特長

Ethernet AVB 対応アプリケーション開発向けSDK

Ethernet AVB を実装するための各種規格を意識することなく、容易にアプリケーションが開発できるSDKをご提供します。

Ethernet AVB 規格の主要なプロトコルをサポート

IEEE802.1BAをはじめ、Ethernet AVB を構成する各種規格をサポートしています。

サンプルアプリケーションを同梱

NetNucleus AVB を利用するための Talker / Listener / Controller のサンプルアプリケーションを付属しています。

NXPセミコンダクターズ社 SoC向け最適化
  • i.MX6、Vybrid をサポート
  • i.MX8、Kinetis をサポート予定

Ethernet AVB 利用シーン

車内エンターテイメント

フロントモニタの映像をリアモニタに同期転送

カーナビを Talker、後部座席モニタやスピーカーをListenerとして車載ネットワークを構成する事により、容易に好きなスマホコンテンツを楽しめる環境が構築できます。

* スマートフォンとカーナビは別途接続する必要があります。

家庭内シアター

AVB オーディオシステムでスマートフォンの音楽を再生

Media Server を Talker、モニタやスピーカーをListenerとしてネットワーク環境を構築すると、Media Server内の動画やMedia Serverに接続したスマートフォン等の映像を、最低限の遅延かつ同期のとれた環境で再生することができます。

* スマートフォンとMedia Serverは別途接続する必要があります。

NetNucleus AVB の製品構成

NetNucleus AVB 製品構成

提供サービス

バイナリー提供、サンプルアプリケーションはソースコード提供

各種サポート

カスタマイズ、ドライバ移植、技術サポート

Ethernet AVBとは

Ethernet AVBはAVデータを同期転送するための通信規格で、ネットワーク上の複数ノード間における通信帯域保証、遅延保証等の機能をサポートしています。
また、ネットワーク上の通信トラフィックに関わらず通信性能を担保したストリーミング再生環境を提供します。

Ethernet AVBは、以下の各種規格から構成されています。

  • IEEE802.1AS: ネットワーク内の時刻同期
  • IEEE802.1Qat : ネットワーク内の帯域予約
  • IEEE802.1Qav : トラフィックの優先転送
  • IEEE1722 : AV転送方式

Ethernet AVB は利用する機能により以下の役割をもちます。

  • Controller : AVB機器の構成 (機器間の接続等)を管理する機能
  • Talker : AVBネットワーク上でAVデータを配信する機能
  • Listener : AVBネットワーク上でAVデータを受信する機能
  • Bridge : AVBネットワークを管理する機能

Ethernet AVB ネットワーク

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く