東芝情報システム株式会社

ネットワーク

Miracast 「NetNucleus WFD」

Miracast SDK

NetNucleus WFDは、Miracast(Wi-Fi Display)を実現するために必要となるコンポーネント(Wi-Fi Direct、RTP、HDCP等)を制御し、状態を管理するソフトウェアです。

表は左右にスクロールできます
対応OSLinux、Android
動作モード Sink(Sourceにも対応予定)

システム構成

システム構成

特長

  • 高パフォーマンス・コンパクトサイズ
  • HDCPによるリンクプロテクションに対応
  • 高速接続・最適化されたレイテンシを実現
  • HDCP向けI/Fを実装
  • 搭載実績:TEXAS INSTRUMENTS(OMAP)、NXP(i.MX)、ルネサスエレクトロニクス(R-Car)
  • 各種端末(スマートフォン)と接続検証済み

NetNucleus® WFD 動作条件

Wi-Fi Direct

Miracastの無線LAN(Wi-Fi)の接続ではWi-Fi Direct(Wi-Fi P2P)が必須です。

TCP/IP、UDP/IP

セッション構築、ストリーミング、IPアドレス割り当てなどのためにTCP及びUDP通信が必要です。

DHCP Server/Client

IPアドレスの動的割り当てのためにDHCPを利用します。DHCPはServer及びClientの機能が必要です。

Player

ストリーミングを行うために以下の機能が必要です。

表は左右にスクロールできます
伝送プロトコルRTP/UDP Unicast
ストリーミングデータ MPEG2-TSコンテナフォーマット
ビデオコーデック H.264
オーディオコーデック LPCM、AAC-LC
コンテンツ保護(option) HDCP 2.0/2.1/2.2

UIBC Capsulation をサポート

UIBCは、スマホなどコンテンツを持つ機器(Source)のミラーリングを受ける機器(Sink)からのイベントを、Source側に送り返すことができきます。この機能により、スマホの画面を映し出しているカーナビのタッチパネルを操作することで、スマホ側の操作が行えるようになります。

UIBCによりディスプレイデバイス(Sink)側からスマートフォンを操作可能

※ UIBCを実現するには別途Source側(スマートフォンなど)でUIBCに対応する必要があります。

NFCとの組み合わせによる簡単接続 (開発予定)

WiFiを簡単に接続するためにNFCやBluetooth/Bluetooth Low Energyなどを使ってWiFiを簡単にセットアップする事が可能です。Miracastの接続などをより簡単に実現できます。

NFCとの組み合わせによる簡単接続NFCの認証を利用する事で、WiFiを接続する手間が簡易になります。

Bluetooth/Bluetooth Low Energyを使ったペアリングBluetooth/Bluetooth Low Energyを使ったペアリング。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く