東芝情報システム株式会社

ネットワーク

Miracast 「NetNucleus WFD」

Miracast(Wi-Fi Display) 概要

Miracast対応ミドルウェア「NetNucleus WFD」は、Wi-Fi Alliance で規格化された Miracast(Wi-Fi Display)を実現するための開発キット(SDK)です。
詳細は、Miracast SDKをご覧ください

Miracastとは

Miracast(Wi-Fi Display)は、Wi-Fi Alliance が策定した規格で、アクセスポイントを経由せずに無線LANを搭載しているデバイス同士で動画や写真などのコンテンツをミラーリングできる技術です。既に、Wi-Fi CERTIFIED Miracast の対応機器認定も始まっており、スマートフォンやDTVなど多くの製品でMiracastの認証を取得しています。

Miracast利用イメージ

Miracast に対応することで、スマートフォンの映像を大画面のTVに映したり、プロジェクタから投影することができます。

スマートフォンからカーナビへ

Miracastに対応する事で、スマートフォンのナビゲーションを利用した簡易カーナビゲーションや、音楽やビデオなどのコンテンツの共有することで、より快適な車内空間を実現できます。

簡単にミラーリング

接続先の機器を選択し設定をすると。 スマートフォンの画面をそのままワイヤレスでテレビに映し、写真や動画コンテンツを大迫力で楽しむことができます。

簡単にミラーリング

信頼性が高く、セキュリティで保護されたネットワーク環境

全てのWi-Fiネットワークにおいては、通信暗号プロトコル(WPA2)によりプライバシーを守り、コンテンツの著作権は、High-bandwidth Digital Content Protection system(HDCP)により保護され、不正にコピーされるのを防止します。

信頼性が高く、セキュリティで保護されたネットワーク環境

接続相手を選ばない、高い相互接続性

Wi-Fi技術を基盤とするMiracastは、Miracast認証を取得している機器同士であれば、どのメーカーの製品であるかに関係なく高い相互接続を実現します。煩わしいケーブルやアダプターを使用することなく、機器へコンテンツをミラーリングすることができます。

信接続相手を選ばない、高い相互接続性

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く