東芝情報システム株式会社

ミドルウェア

高速画像圧縮・伸張ライブラリ 「CVNucleus シリーズ」

高速画像圧縮・伸張ライブラリ 「CVNucleus™ シリーズ」 概要

当製品は高速性に特化した可逆画像圧縮・伸張ライブラリです。
JPEG 2000同等の圧縮率を維持しながら、圧倒的な高速性を実現しました。

圧縮・伸張速度の大幅な高速化により、加工・編集・解析・認識などが行われる画像の圧縮に効果を発揮します。

  • CPU負荷低減による省電力化
  • 廉価CPU採用・サーバー台数削減によるコスト低減
  • 高精細画像のリアルタイム処理実現
ARM/Linux版 2017年4月 発売開始

Intel/Windows版に加え、新たに組込み製品向けとして、ARM/Linuxに対応しました。

※対応フォーマットはグレースケールのみ。順次、追加予定です。

超速画像圧縮・伸張ライブラリ

超速画像圧縮・伸張ライブラリ

ユースケース

ユースケース1 高精細画像を扱うカメラシステム

(ARM/Linux版)

ユースケース1 高精細画像を扱うカメラシステム

ユースケース2 大容量データを扱う画像処理サーバー

(Intel/Windows版)

ユースケース2 大容量データを扱う画像処理サーバー

ユースケース3 クライアント・サーバー画像処理システム

(Intel/Windows版 & ARM/Linux版)

ユースケース3 クライアント・サーバー画像処理システム

性能

JPEG 2000同等の圧縮率(40~60%)を確保。*1
伸張についても大幅な高速化を達成。

*1 画像により得手不得手があるため、圧縮率が異なります。

Intel/Windows版

性能

* Core-i5 3.2GHz Windows7 環境下における24bit 自然画像での計測値(中央値)。 条件により数値は変化する可能性があります。

ARM/Linux版

性能

* R-Car M-3(Cortex-A57 1.5GHz) Linux環境下における8ビット画像での計測値です。 条件により数値は変化する可能性があります。

評価ライセンスの提供

本製品をご検討されているお客様に、無料でご利用可能な評価版を提供しています。

対象
  • Intel/Windows版
  • ARM/Linux版
制限

機能無制限、一ヶ月期間限定

ご希望の方は、下記「お問い合わせ」まで、ご連絡をお願いします。

※評価ライセンス利用の注意

評価ライセンスを使用する際にサポートサービスをご利用する場合、別途費用等が発生する場合がございます。
詳細はお問い合わせください。

ロードマップ

ロードマップ

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く