東芝情報システム株式会社

オープン・ソース・ライセンス管理 「Black Duck Protex」

「Black Duck Protex」の新規販売終了と製品サポート期間についてのご案内

当社で販売しております Black Duck Software*製の以下の対象商品は、製品形態の刷新により、新規のお客様への販売を終了しました。

なお、製品のサポートは、2020年12月31日までとなりますことをご案内申し上げます。

対象商品
  • Black Duck Code Center
  • Black Duck Protex
  • Black Duck Suite

* Black Duck Software:2003年設立の米国企業。2017年12月にSynopsys, Inc.に買収され、現在はSynopsys, Inc.となっています。

今後は、オープンソースリスクを管理する製品として、オープンソースの脆弱性(セキュリティリスク)の監視、及びライセンス管理や運用リスクの管理機能をもった「Black Duck Hub」をご検討いただきますようお願い致します。

オープンソースの脆弱性検出・修復管理 「Black Duck Hub」

Black Duck Software 製

オープン・ソース・ソフトウエア(OSS) ライセンス違反によるビジネス上のリスクを回避するために、OSS 及び お客様のOSSライセンス利用規定(ポリシー)の厳格な運用が、求められています。
Black Duck Protex™は、オープンソースに特有の管理、コンプライアンス、およびセキュリティ上の課題に対処するための高度なソリューションです。

提供する価値

  • OSS を利用したソフトウエア製品開発には、「メリット(開発コストの低減等)」と「リスク(訴訟、ソースコードの公開、ロイヤリティ の発生等)」があります。
  • Black Duck Protex は、そのリスクを低減するために、ソフトウエア資産に対して、OSSライセンス利用規定が守られているかチェックします。
  • 世界最大規模のオープンソース・データベース"Knowledge Base"とコードマッチング技術"Code Print"により、OSSライセンス利用規定に違反しているソフトウエア資産を検出し、製品開発におけるビジネス上のリスク低減をサポートします。
  • 競争力のあるソフトウエア製品開発の現場では、オープン・ソース・ソフトウエアの利用が進んでいます。Black Duck Protex により、適切なオープン・ソース・ソフトウエアの運用を可能とし、効果的なソフトウエア製品開発の実現をサポートします。

製品概要

Black Duck Protex製品概要

Knowlege Baseは、世界最大規模のデータベースと膨大なメタデータで構成されています。

オープンソースデータベース

  • 1,500,000+ OSSプロジェクト
  • 8,500+ サイトから蓄積
  • 100TBに上るコードライン
  • 2,400+のユニークライセンス
  • 73,500+セキュリティ脆弱性

膨大なメタデータ

  • 名前、記述、バージョン、URL
  • ライセンス、プログラミング言語、OS
  • National Vunerability Database
  • ソースコード、バイナリーのコードプリント
  • 常に拡大中
  • お客様の内部コードもコードプリントとして登録
  • セキュリティ脆弱性の問題を日々警告
  • 月に1-2回、オンラインによるアップデート

提供サービス

製品販売・サポート

  • 年間使用契約により、ライセンスと技術的なサポートをご提供いたします。
  • 利用形態に応じた価格体系で、Protex をお客様に提供いたします。

スポットサービス

  • お客様のソフトウエア資産に対して、ライセンスを購入することなく希望する1回毎にOSSライセンス違反を解析するサービスをご提供いたします。

関連製品 (Black Duck Suite)

OSSコンポーネント管理

Code Center
  • 各ユーザーの認証、アクセスをコントロール
  • 開発プロセス早期段階で最も安全なOSS コンポーネントを選択・利用
  • セキュリティ脆弱性をモニターし、セキュリティ 警告メッセージを送信

製造元

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く