東芝情報システム株式会社

セキュリティ

ソフトウェアプロテクション 「MatrixSSE」

ソフトウェアプロテクション 「MatrixSSE」 概要

インサイドセキュア社製

ソフトウェアの諸要素を確実に保護

モバイルデバイスで利用されているダウンロード型アプリケーションは手軽に利用できますが、組込みソフトウェアに比べセキュリティが低く証明書、権利鍵などをいかに保護するかが課題となります。
インサイドセキュア社の MatrixSSE (ソフトウェア・プロテクション・ツール)を開発者が利用することにより強力な難読化が可能となります。金融取引、ID管理をはじめ、個人情報を扱う様々なアプリケーションのセキュリティを高めます。

モバイル・アプリケーションに対する脆弱性と脅威
モバイル・アプリケーションに対する脆弱性と脅威

強力なアプリケーション保護を実現

強力なアプリケーション保護を実現
セキュアなプロビジョニングと通信によって信頼を確立

別のアプリケーション、プロセス、ハードウェアデバイス、サーバなど、複数のシステムコンポーネントを認証することが可能です。

データを安全に処理

暗号化、復号化、処理の制御を完全に握ったまま、機密データを保護することができます。

アプリケーションのコードを難読化

難読化の技術により、ロジックおよび企業秘密である機能がリバースエンジニアリングを受けることを阻止します。

脅威をリアルタイムで検出

アプリケーションのハッキングが試行されたことをリアルタイムで瞬時に検出します。

キーテクノロジー

改ざん行為の検知

コードの変更を防ぐ

  • コード間にチェック・ネットワークを構築
  • アプリケーションが自律的に防御
コードの難読化

リバース・エンジニアリング保護

  • アプリケーション・コードをスクランブリングし複雑にする
ダイナミック・ホワイトボックス

機密データの保護

  • 機密性の保たれた暗号機能とデータ保護を提供
  • 使用中のメモリ上においても保護が可能

MatrixSSE 製品体系

Core

耐タンパソリューション

  • 実行時に不正な変更の有無を確認
  • 完全に自動化されたソリューション
  • 数多くのプラットフォームで利用可能
Concealer

難読化ソリューション

  • プログラムフローを複雑に再配置

※基本的にMatrixSSE Coreとの同時利用

Authenticator

外部コンポーネントの検証

  • ソフトウェア間の信頼
  • 外部追加機能の検証
WhiteBox

暗号アルゴリズムと鍵の保護

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く