東芝情報システム株式会社

社会・環境活動

環境方針 / 関西支社

関西支社の環境方針

東芝情報システム株式会社 関西支社は、東芝グループの一員として幅広いお客様に、業務・業種ソリューション、エンベデッドシステムソリューション、システムLSI 設計ソリューションなど、社会性の高いソリューションとサービスを提供しています。事業推進に当たっては、「"かけがえのない地球環境"を、健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」との認識に立って、最新の情報技術、経験と実績に裏付けられた知恵とソリューションをタイミング良く提供し続けることにより、豊かな価値の創造と地球との共生を図ります。低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指した環境活動により、持続可能な社会の実現に貢献します。

  1. 組織の活動、製品、サービス及びソリューションに関わる環境側面について、生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の防止など、環境保全活動を推進します。
  2. 環境に関する法令、当社が同意した業界の指針及び自主基準などを順守します。
  3. 資源及びエネルギーの有限性を深く認識し、あらゆる工程でのロスを低減し、高品質な製品、サービス、ソリューションをタイムリーにお客様に提供することにより、エネルギー使用量、資源使用量の削減に取り組みます。
  4. 環境目的及び環境目標を設定し、運用し、評価・レビューを実施して、環境保全活動及び環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。
  5. 環境マネジメントシステムを適切に運用し維持管理するために、環境方針を周知徹底し、全社員等の環境意識をより高め、全員で取り組みます。また、環境方針は社外に開示します。

2015年 4月 1日
関西支社 支社長
上野 丞司

東芝情報システム本社の環境方針を掲載しています。

東芝情報システム中部支社の環境方針を掲載しています。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求などお気軽にお問い合わせください。