東芝情報システム株式会社

経営方針

トップメッセージ

English

私ども東芝情報システム株式会社は、1962年の創業以来、知的で豊かな情報化社会の実現を目指し、挑戦を続けております。

私たちは東芝グループの一員として、長年、エンベデッドシステム・LSI設計・システムインテグレーション・ヘルスケアITの4つの分野で、高い技術力と最適なソリューションを提供し、社会に貢献しております。

激変する社会環境やお客様のニーズに対応するために、4分野のシナジー効果を発揮し、継続して新商品や機能を提供してまいります。また、お客様の真の課題を解決するビジネスモデルやサービスをご提案し、お客様とともに成長してまいります。

さらに、企業の社会的責任(CSR)を果たすべくなお一層努力してまいります。

今後も皆様のご期待にお応えすべく、引き続き精進してまいりますので、何卒変わらぬご支援とご愛顧を賜りたく、お願い申し上げます。

取締役社長
伊藤 壮介

代表取締役 取締役社長 伊藤 壮介


We, Toshiba Information Systems(Japan) Corporation have been challenging to realize the intelligent and affluent information society since our establishment in 1962.

For many years, we have contributed to society, providing high technology and the best solutions in four business areas; embedded software development, system integration, healthcare, and LSI design as a Toshiba Group Company.

In order to respond to drastically changing social environment and customer needs, we will continuously provide new products and new features, exerting a synergy effect of the four business areas.

We will also propose business models and services that solve customer's essential problems and grow with our customers.

In addition, we actively engage in our commitments to CSR (Corporate Social Responsibility).

We will continue our best efforts to meet your expectations, and thank you in advance for your continued warm support and patronage.

President and CEO, Sosuke Ito

↑ページトップへ

ご質問・資料請求などお気軽にお問い合わせください。